中津川市、恵那市、多治見市で新築 一戸建てのオーダメイド住宅・ 注文住宅なら、中津川市のハヤカワホーム最新情報

早川建築株式会社 ハヤカワホーム

住宅トピックス

「注文住宅」と「建売住宅」って何が違うの?二つの違いを解説!

投稿日:2018年2月9日 更新日:

様々理由で引っ越しをすることになり家を建てようと思ったときに、新築住宅の選択肢として「注文住宅」と「建売住宅」があります。

この二つの違いについてすでに建っているか、それとも自分で好きな家を建てるか、のように少しはご存知でも、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は「注文住宅」と「建売住宅」の違いについてお話していきます。

●「注文住宅」と「建売住宅」の違いとは
「注文住宅」は一般的に自由度が高く、自分で好みの設計にしていけるので、思い通りの家を建てやすくなります。

自分の趣味や家族構成に合わせて建てていくことができ、最終的に完成して暮らし始めるときに満足に行くスタートが切れることにもつながります。

しかし、一方で完成品を選べるわけではないので、後々になってコンセントの位置が悪かったなど、細かな問題が発生することがあるため、設計の際は十分な計画を立てなければなりません。

一方で「建売住宅」はすでに完成している住宅の購入になるので、自分の意思を建物に反映しにくい反面、しっかりと暮らし始めるときのイメージが持てるため、失敗する確率は低いということもできます。

また、注文住宅のように工事期間も長くありませんし、設計に割く労力もありません。

注文住宅と建売住宅の違いは、互いのメリットデメリットとなるので、ご家族が求める条件に合った住宅を選択して、素敵な生活を手に入れてくださいね。

-住宅トピックス

Copyright© 早川建築株式会社 ハヤカワホーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.