中津川市、恵那市、多治見市で新築 一戸建てのオーダメイド住宅・ 注文住宅なら、中津川市のハヤカワホーム最新情報

早川建築株式会社 ハヤカワホーム

住宅トピックス

新築で考えておきたい、耐震性を高めるためにできること

投稿日:2019年3月26日 更新日:

これから新築住宅を建てるには、耐震性を高めることは欠かせません。

現在では各工務店やハウスメーカーでもかなり慎重に行っている内容ではありますが、地震対策を行うことは国内では高い基準で考えてみることが必要です。

全てを工務店に任せることも不可能ではありませんが、注文住宅を新築で建てる際には、購入者の要望も反映させることは十分にできます。

 

 

耐震性を高めるには、まずは土地に対する施工も肝心です。

コンクリートを流し込んだ杭を打つという方法で地盤を強固な状態に仕上げることに成功します。
上の住宅では木造住宅を例にすると壁の厚みを十分な状態に保つこと、基本とされる柱や梁を頑強にすることと、接合箇所に強化金具を設置すること、耐震用の筋交いを壁の内部に取り付けを行うことでも、かなりの耐震性を高めることは可能です。

耐震用の金具関連は今では沢山のメーカーから販売されているので、木材にプラスして取り付けを行うと地震に強い住宅にすることができます。

 

屋根材にも注目したい内容はあります。

かつて多用されてきた瓦屋根の場合は、重量がかなり増してしまうことになるので、できるだけ軽量素材を使った屋根に仕上げることでも地震対策を行えます。

在来工法でもツーバーフォー工法でも耐震性に優れた住宅を建てることができますが、屋根に使う資材に注目して軽量化すると、耐震性を高めることは可能です。

-住宅トピックス

Copyright© 早川建築株式会社 ハヤカワホーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.