中津川市、恵那市、多治見市で新築 一戸建てのオーダメイド住宅・ 注文住宅なら、中津川市のハヤカワホーム最新情報

早川建築株式会社 ハヤカワホーム

住宅トピックス

新築購入をお考えの方!中津川市の業者が床材について紹介します!

更新日:

「床材にはどんな種類があるのかな」
「場所別におすすめの床材を知りたい」
新築住宅の購入をお考えの方に、このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回は、主に使われる床材の特徴をご紹介します。
場所別におすすめの床材と、フローリングを選ぶ際の注意点もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□床材にはどのような種類があるの?

床は面積が広いので、選ぶ素材によって住まいの雰囲気が大きく変化します。
ここでは、主な床材4種類とその特徴をご紹介します。

*無垢フローリング

無垢フローリングは、木目や天然の風合いが魅力です。
主に使われている木の種類は、ブナやさくら、ナラといった広葉樹や、スギやヒノキといった針葉樹です。
これらは、肌触りが優しく、調湿や保湿性に優れています。
そして、年月を経るごとに色合いが変化するため、自然素材特有の温かみのある味わいを楽しめるでしょう。
また、冬に裸足で歩いても冷たく感じにくいといった特徴も魅力的ですね。

*複合フローリング

複合フローリングとは、薄い合板を重ねて、その表面に化粧シートを貼った床材のことです。
化粧シートには木目模様などが印刷されており、壁やドアの色と合わせたり、均一の模様を楽しんだりできます。
化粧シートには防水加工や遮音加工を施せるため、ライフスタイルに合わせて加工を工夫すると良いでしょう。

例えば、小さなお子さんがいる家庭では、防水加工を施すことをおすすめします。
飲み物や食べ物をこぼしてもすぐに拭き取れるため、掃除の手間が省けるでしょう。
利便性やコストを重視する方は、ぜひ複合フローリングを検討してみてください。
また、無垢材よりも費用を抑えられるため、「ナチュラルテイストの住まいにしたいけど予算が足りない」といった方にもぴったりの床材でしょう。

*クッションフロア

クッションフロアとは、塩化ビニールにクッション材が入っている床材のことです。
名前の通りクッション材の効果で弾力性があるため、小さなお子さんや高齢者がいる家庭で特におすすめです。
また、耐水性に優れており、掃除機をかけやすいといった魅力的な特徴もあるので主婦の方にとっても嬉しい床材です。
さらに、施工しやすい点も特徴でホームセンターでも購入できます。
さまざまな種類がありますので、選び悩んでDIYを楽しんでみてください。

*コルクタイル

ワインの栓としてもおなじみのコルクは、コルク樫の樹脂を圧縮した床材です。
耐久性や耐水性、断熱性、防炎性において非常に優秀な素材です。
また、吸音性や弾力性、保湿性にも優れています。
そのため、やんちゃなお子さんや高齢者がいる家庭でも安心できる床材でしょう。

□場所別に床材の選び方をご紹介!

床材は全ての部屋で統一する必要があるとお考えの方は少なくないでしょう。
床材は場所によって使い分けることがおすすめです。
ここからは、場所別におすすめの床材をご紹介します。

1つ目は、トイレ・脱衣所・洗面所です。
これらの水回りは、水に対して耐性のあるクッションフロアがおすすめです。
フローリングを採用することもありますが、年月が経つと木が毛羽立ってきたり、水に濡れた部分の塗装が剥がれたりすることがあります。
そのため、表面塗装が施されているものを選びましょう。

2つ目は、キッチンです。
キッチンは防水加工が施されたフローリングや、水に強いクッションフロアを採用することがおすすめです。
もしリビングダイニングの場合には、キッチンはフローリング、ダイニングはクッションフロアといったように床材を使い分けるのも良いでしょう。
最近では、スタイリッシュで水に強いタイルを採用される方もいるので、ぜひ皆さんも検討してみてください。

3つ目は、リビングです。
ソファやテーブル、椅子といったある程度の重量がある家具を設置するリビングには、へこみにくいフローリングが向いているでしょう。
リビングにくつろぎスペースを設けたいとお考えの場合には、小上がりの和室をつくるのもおすすめです。

4つ目は、寝室です。
汚れにくい寝室には温かみのあるカーペットを選ぶのはいかがでしょうか。
保温性がある素材なので、朝起きて床に足をつけたときにふんわりと包み込んでくれます。

5つ目は、子ども部屋です。
小さいお子さんは、室内でクレヨンやマジックで落書きをすることが十分に考えられます。
また、砂や皮脂などで部屋が汚れやすいので、汚れを拭きとりやすいフローリングをおすすめします。
さらに、転んで怪我することを防ぐために柔らかい素材の床材を選ぶのも良いでしょう。

6つ目は、玄関です。
土や汚れがたまりやすい玄関には、タイルや石といった硬い素材の床材がおすすめです。
タイルや石は水に強いことから、掃除の際に水を流すこともできるため、衛生的にも良いでしょう。

□フローリングを選ぶ際の注意点をご紹介!

フローリングを選ぶ際に、ぜひ覚えておいてもらいたい注意点があります。
マイホームが完成してから後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

選んだフローリングで後悔しないためには、実際にフローリングに触れてみることが重要です。
床材メーカーのサイトやカタログで商品に関する大体の情報は得られます。
手のひらサイズのサンプルで実際のテクスチャを見て触れられます。
ただし、それだけでは実際に住まいにあるときのイメージは湧きにくいのです。

もし小さなサンプルを見て迷っているのであれば、実際に床材メーカーなどのショールームに足を運んでみましょう。
実物が敷き詰められている場所に行って床の上を歩いてみたり、手で触ってみたりして体感すると、サンプルだけではわからなかった色柄のイメージや硬さ、手触りといった違いを感じとれるでしょう。
もし、気になるものがあり悩んでいる場合は、ショールームに行ってみるのがおすすめです。

□まとめ

今回の記事では、床材の種類、場所別におすすめの床材、フローリングを選ぶ際の注意点をご紹介しました。
ハヤカワホームの家づくりは、お客様と一緒につくる家づくりです。
ライフスタイルに合わせた間取りや使い勝手をご提案させていただきますので、中津川市で新築住宅をお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。

-住宅トピックス

Copyright© 早川建築株式会社 ハヤカワホーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.