中津川市、恵那市、多治見市で新築 一戸建てのオーダメイド住宅・ 注文住宅なら、中津川市のハヤカワホーム最新情報

早川建築株式会社 ハヤカワホーム

住宅トピックス

中津川市恵那市で注文住宅をお考えの方へ!内装のデザインについてご紹介します!

投稿日:2021年9月17日 更新日:

「新築の内装デザインをどうやって決めればいいのか分からない」という方は多いと思います。
せっかくのマイホーム、こだわりを詰め込んだ空間に仕上げたいですよね。
そこで今回は、内装のテイスト別の特徴、内装のポイントについて徹底解説します。
お役に立つ情報があると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。




□新築内装にはどんなテイストがあるの?




この章では、新築の内装のテイストについて詳しくご紹介します。
テイスト別の特徴や、ポイントについて詳しくご紹介しているので是非参考にしてください。




1つ目はナチュラルテイストです。
非常に人気なテイストの1つで、自然素材をふんだんに使った心地の良いデザインが特徴的です。
明るめの木目ベースの素材を基調にした床に、アースカラーの家具を取り入れてみると良いでしょう。
新築を建てる際は、床材はもちろん壁にも素材感を残し、構造材は室内から見えるようにしても面白いですね。




2つ目はモダンテイストです。
このテイストはモノトーンでシックな色使いにすることで、都会的でおしゃれなデザインにするのがポイントです。
色数をできるだけ少なめにしてシャープなラインの家具を選ぶのが特徴的です。
例えば暗いトーンの床に白い壁を合わせると、色にメリハリのあるデザインになるのでおすすめです。
さらに、合わせる装飾はガラスなどの無機質な素材でできたシンプルなデザインを選ぶと良いでしょう。




3つ目は和モダンです。
日常空間に和テイストの空間を作ることで木や畳の温かみを感じられ、心が落ち着くのではないでしょうか。
障子などで縦と横のラインを強調し、床材の明度で雰囲気が大きく変わります。
床の色を選ぶ際はご自身が作りたい空間イメージをきちんと固めてから選ぶようにしましょう。
また、梁や柱などの構造部分を見せると重厚感を演出でき、引き戸は開放感を与えてくれるので新築を建てる際にはぜひ検討してみてください。




4つ目はカントリーテイストです。
自然素材を使うことで素朴でかわいらしい空間を作ることができます。
木目がしっかりと出るような床材や漆喰壁を使用することで、素朴な雰囲気を演出してくれます。
また、窓や扉などの開口部には丸みを持たせたり、白を基調にして壁や窓枠を塗ったりするのもおすすめです。




5つ目はクラシックテイストです。
落ち着きのあるエレガントでヨーロピアンな雰囲気が特徴的です。
床には艶のある高級な素材が使用されることが多いです。
壁と天井には木の廻り縁、窓やドアの周囲に縁取る枠を設置することが多いです。




6つ目はインダストリアルテイストです。
無機質な素材をユーズド感のあるデザインに加工するなど、シンプルでありながらおしゃれなデザインが特徴的です。
加工であえて使い古したようなデザインにすることで、ヴィンテージ感を出すことができます。
アイアンフレーム、ステンレスキッチン、電球が見えているスチールペンダントなど無骨なデザインはこのテイストと非常に相性がいいです。
したがって、家具には黒色のスチールフレームを使用するのがおすすめです。




7つ目は北欧テイストです。
照明やファブリックに個性がある北欧テイストは、室内でも自然を感じられるシンプルでナチュラルなデザインです。
新築を建てる際から、明るめの木の床材を選ぶと良いでしょう。
また、デザイン性の高いペンダントタイプの照明がおすすめです。




そのほかの家具もシンプルでありながらデザイン性のあるものを選び、アクセントとして北欧独特の柄のファブリックを取り入れると良いでしょう。
幾何学模様や、木の葉など自然をモチーフにした柄で北欧らしさをプラスしてみましょう。




以上が人気のテイスト別にまとめた内装のポイントです。




□内装を考える時のポイントとは?




この章では内装を考える時のポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。




1点目は配色です。
おしゃれな内装を作る時に「統一感」が非常に大切です。
配色を工夫することで内装に統一感を持たせられます。
そのためには床の色をベースに、同系色の建具を選ぶことが大切です。




2点目は照明です。
照明を普通のシーリングライトだとなんだか味気ないという方もいらっしゃいますよね。
そのような方には、間接照明やダウンライトのような控えめな光を出す照明を取り入れると、高級感が与えられるのでおすすめです。




3点目は間取りです。
間取りで開放感や雰囲気の明るさが決まってしまいます。
例えば、部屋を仕切る壁などを減らすと開放的な印象になります。
また、窓やドアの大きさも開放感を左右するので気をつけると良いでしょう。




4点目は家具です。
最後のポイントは家具です。
後になってから寸法や色が想像と違っていたといったようなことがあれば大変ですよね。
そのため、間取りを決める前に家具を決めるようにするのも良いでしょう。




□おすすめの床材は?




ここではおすすめの床材を4種類ご紹介します。




1点目は無垢フローリングです。
調湿性や保湿性に優れていて、優しい肌触りが特徴的です。
内装に温かみを持たせたい場合はおすすめの床材です。
しかし、天然素材なので割れたり反ったりしやすいのが難点です。




2点目は複合フローリングです。
同じ木ではありますが、無垢フローリングのような優れた調湿性や保湿性はありません。
しかし、コスト面や手入れのしやすさから人気が高いです。




3点目はクッションフロアです。
これはオフィスでの使用が多いですが、もちろん普通の住宅でも使われることはあります。
クッション性があるので、子どもや高齢者がいる住宅での使用例が多いです。
また、耐水性に優れているのでトイレや洗面所の水回りでの使用におすすめです。




しかし、そのやわらかさから跡が付きやすいこと、耐熱性が弱いことには注意が必要です。
したがって、日あたりの良い場所での使用は避けましょう。




4点目はコルクタイルです。
コルクタイルはおしゃれな内装にしたい方に特におすすめです。
耐久性や耐水性、防炎性などに優れているので水回りでの使用が向いています。
しかし、値段が高いのがデメリットです。




以上が床材別の特徴です。
床材は内装の雰囲気を左右する重要な部分ですので、ぜひこだわってみてはいかがでしょうか。




□まとめ




今回は新築の内装を決めるポイントや、テイスト別の特徴についてご紹介しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
当社は中津川市、恵那市、多治見市で事業展開をしている会社です。
新築について何かお悩み事がありましたらお気軽に当社までご連絡ください。

-住宅トピックス

Copyright© 早川建築株式会社 ハヤカワホーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.